S2DBCP

S2DBCP

S2DBCPの機能を使って、コネクションプーリングを実現できます。JTAと連動するので、トランザクション中にコネクションを取得し閉じるということを何度か行っても、トランザクションは維持されます。JDBCで行っていたようなトランザクションを維持したいがために複数のクラスでコネクションを持ちまわるようなことはもう必要なくなります。S2Txを使えば、トランザクションもAspectで自動的に処理することができます。