mshimuraの日記

 | 

2005-05-03CentOS

CentOSはそのままでは、XFSやReiserfsをSupportしていません。

KernelをRe-Compileしたのですが、Reiserfsは問題なくMountできるのに、XFSはmountすると、「サポートされていない操作です」とでてしまいます。

またxfsprogsも、4枚のCDには入っていなかったので、探しました。これはOKになったのだけど。

Suseでは、最初からSupportして、なんの問題もないのですが。

ext3で大容量につかっているのですかね?

JFSも、最初は入っていませんでした。

ふたがわふたがわ2005/05/03 23:28https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/show_bug.cgi?id=137277によると、RHEL4にXFSが入っていないのは、おそらくまだエンタープライズ市場向けで利用するのには検証が十分じゃないからと言いたいみたいです。
また現在進行形でhttps://bugzilla.redhat.com/beta/show_bug.cgi?id=150427という問題が挙がってるみたいです。SGIへのMLへのリンクがあり、まだこれがRHEL4(FC3ベース)での問題なのか、XFSの問題なのか結論が出ていないようです。
mountできない問題は、http://www.atmarkit.co.jp/flinux/prodreview/rhel4/rhel4a.htmlに書かれている情報から推測しますと、インストーラが作成するファイルシステムのiノードのサイズが足りていないからだと思います。

mshimuramshimura2005/05/05 07:19ふたがわさん 調査ありがとうございました。
私は、REDHAT9でKernel 2.4時代からXFSを使ってきて、現在はSUSE 9.1で使っていますが、今ままで順調に使用しています。
ext3で大容量のDISKをつかうと、fsckにすごく時間がかかり、なかなかBOOTできない事が障害になります。また Recoveryについても、XFSは短時間に出来た経験が何回もあります。個人的には、XFSが一番安定していると思っています。SUSEでは、OfficialにXFSをSupportしています。

 |